高性能で低価格が魅力のカベルタ

1998年にバイアグラが登場した時、とても画期的な医薬品として世の中の男性に喜ばれたそうです。
私も医師からEDの診断を受けてしばらくはバイアグラを購入していました。
ただ、続けて購入するには価格が高くて、当時の私のお財布事情では気軽に買える物ではありませんでした。
そんな時出会ったのが、カベルタと言うジェネリック医薬品でした。
このジェネリック医薬品との出会いで、リーズナブルにED治療薬を使える様になったのです。
私がEDの症状を感じ出したのは33歳の時でした。
私は肉体に自信がありましたし、性欲も盛んな方だと思っていたので、まさか自分がEDになるとは考えてもみませんでした。
それが33歳と言う若さでEDになってしまったのです。
それは彼女と一夜を共にしたある晩の事でした。
なんだかペニスの勃ちが悪いな、と感じたのです。
それまでそんな風に感じた事は一度も無く、戸惑いながらも何とか挿入にこぎ着けたのですが、私のペニスは中折れしてしまいました。
行為中に萎えてしまったのです。
その事がトラウマになったのか、その日を境に何度セックスを試みても上手く勃起しなくなってしまいました。
そんな日々がしばらく続いて、私はお医者さんに相談しにいきました。
するとEDである事がわかったのです。
EDという言葉は知っていましたが、30代でなるものだと思っていなかった私は驚きました。
しかし、EDの症状を訴える若者は増えているのだそうです。
さて、お医者さんはバイアグラの使用を進めてくれたのですが、4錠入り一箱を購入するのに6,000円かかるのだと知って私は一瞬、購入を躊躇しました。
安月給の私には高額だと感じたのです。
ですが、愛する彼女の為だと思って無理してバイアグラを購入しました。
実際にバイアグラの効果は抜群でした。
バイアグラを服用すると、私のペニスは以前にも増して硬く勃起したのです。
ですが、購入が高額な事からバイアグラのストックを切らせてしまう事もしばしばありました。
そんな時、たまたまインターネットの個人輸入代行業者のサイトで見つけたのがカベルタです。
もともと、バイアグラを個人輸入で買えば多少は安く買えるのではないか、と考えてウェブサイトを物色していたのですが、なんと海外にはバイアグラのジェネリック医薬品が存在していたのです。
カベルタもバイアグラのジェネリックで、シルデナフィルという主成分を持っている事がわかりました。
そして、その価格は8錠入り1箱で二千円程と非常に安かったのです。
それだけでも驚きだったのですが、カベルタは主成分の包有量が100mgとなっていて、私が使っていたバイアグラ50mgの二倍の量を持っていました。
個人輸入代行業者の解説によると、ED治療薬はピルカッターでカットして服用する事も出来る様です。
主成分50mgのバイアグラでも強力な効果が得られていたので、主成分100mgのものなら、半分ずつカットしても十分効果が得られそうです。
私は早速このジェネリック医薬品を購入しました。
そして半分にカットして使用した所、バイアグラ同様にペニスは硬く勃起してくれたのです。
お陰でリーズナブルにED治療薬を使える様になりました。
今でも我が家にはカベルタを常備しています。

Comments are closed.