力強い勃起をカベルタで取り戻そう

人間の体は奇跡的なバランスによって上手く保たれていると言われています。
それぞれの細胞が上手に機能しているからこそ、人間は普通に生活を送る事が可能なのです。
しかし、一度そのバランスが崩れると病気を引き起こしてしまいます。
近年日本において多くの男性を悩ませているED(勃起不全)も、体内のバランスの崩れによって引き起こされる事がわかっています。
EDを引き起こす要因には、ストレスや病気による血行障害などもあるのですが、加齢による細胞のバランスの乱れも大きな要因の一つとなっているのです。
ED治療薬であるカベルタは、そんな乱れたバランスを整えて勃起を補助してくれる仕組みを持っています。
ED治療薬の働きを理解する為に、まず勃起のメカニズムを知っておきましょう。
男性器の勃起は陰茎海綿体に血流が多く流れる事によって引き起こされます。
この時、筋肉を弛緩させて血管を拡張する効果を持つcGMPという物質が大きな働きをします。
この物質の働きにより、ペニスは勃起を維持しやすくなるのです。
勃起を促す物質がある一方で、射精した後にペニスの勃起を鎮める働きを持つPDE5という物質があります。
このPDE5はcGMPを破壊し、勃起の状態を収縮させる働きを持ちます。
この様なメカニズムによって勃起から射精後のペニスの収縮までバランスが保たれているのです。
では、EDの方に見られるバランスの乱れとはどのようなものなのでしょうか。
実は、EDの症状を持つ方の多くはcGMPの数が減少していて、PDE5とのバランスが崩れてしまっているのです。
このバランスの乱れにより、勃起が起こりにくく、勃起しても維持出来ない状態になっているのです。
さて、ED治療薬はこの仕組みに着目する事でEDの改善を実現しています。
勃起を納める働きを持つPDE5の働きを阻害する事で、少なくなったcGMPが十分に働ける様に補助してくれるのです。
この事から、ED治療薬はPDE5阻害薬とも呼ばれていて、体の外からは見えない勃起のメカニズムのバランスを整えてくれるものなのです。
さて、ED治療薬の代表格であるバイアグラのジェネリックとして有名なのが、カベルタです。
その主成分であるシルデナフィルがPDE5の働きを阻害します。
カベルタはバイアグラと同様の効果を、ジェネリックならではの低価格で得る事が出来るのが特徴です。
服用は空腹時が効果的で、服用後30分程で効果が現れます。
効果の持続時間は5時間程ですので、余裕を持ってセックスを行う事が出来ます。
カベルタは基本的には安全な薬品なのですが、不整脈をお持ちの方や、高血圧の方は服用しない様にしましょう。
また、カベルタに含まれる主成分の量は100mgとなっていますが、半分や3分の1にカットしても十分に効果が得られます。
これにより、自分に合った分量を調整する事が出来ますし、リーズナブルに使用出来ます。
ED治療薬は、勃起のメカニズムのバランスを整えて力強い勃起を取り戻してくれる医薬品なのです。

Comments are closed.