個人輸入で購入できるカベルタ

ジェネリック医薬品は新薬と同じ有効成分、同じ効果効能を期待できながらもかなり低価格で提供されており、こうした薬を選ぶ人も増えています。
薬はかなり低価格で購入できるものもありますが、中にはかなり効果なものもあり、続けていくのが難しいこともあるものです。
高価な薬はいろいろな種類がありますが、ED治療薬もそのひとつです。

EDは男性にとっては深刻な症状ですが、命をおびやかすような症状ではないこともあり、保険が適用されません。
治療自体は、特に難しいものではなく、多くの場合はそれぞれに合う薬を処方してもらうことで改善されますが、ED治療薬は飲み続けることで、体質が改善できるものではなく、薬を飲んでいるときのみの効果ですので、薬の効果が切れると体はまた元の状態に戻り、性行為のときにはまた薬が必要となってしまいます。
ED治療薬は現在3種類が国内で処方されていますが、一番有名な存在であるバイアグラの効果の持続力は4~5時間程度とされています。
そして、薬は医療機関によって価格は差がありますが、一錠でも1500円前後はしますので、頻繁に利用されている方の場合はかなり負担になってしまうのではないでしょうか。
それゆえにバイアグラのジェネリックの登場が待たれることとなっていますが、残念ながら現在国内ではそういった薬は処方されていません。
最近は薬の個人輸入の人気が高まっていますが、薬の個人輸入の目的としては、より薬を安く買いたい、医療機関にいく時間が取れない、さらに国内では認可されていない薬を買いたいなどがあげられます。
ED治療薬は特に個人輸入でも高い人気となっており、多くの男性が購入されていますが、個人輸入ではまだ日本で販売されていないED治療薬のジェネリック的な薬が購入できることもあり、そうした薬の購入を目的にされている方もあるようです。
バイアグラは大手製薬会社ファイザーから製造販売されていますが、バイアグラのジェネリックはほとんどインドの製薬会社から製造販売されています。
バイアグラのジェネリックにも様々な種類がありますが、カベルタも人気の高い薬です。
カベルタもバイアグラと同様に、有効成分がクエン酸シルディナフルとなっており、同じような効果効能が期待できるとされています。
それでいて、価格はかなり安く提供されており、バイアグラの10分の1程度の費用で購入できることが魅力です。
効果についてはバイアグラと同様に勃起の妨げとなっているPDE5を阻害させ、血管を拡張させ勃起に必要な血流が得られるようになっています。
有効成分は同じですが、製法や製造、添加物などには違いがありますので、作用時間や作用の強さなどには差があるようです。
そして有効成分のシルディナフルは食事の影響を受けやすいので、カベルタを利用する場合も飲むタイミングには気をつけたいですし、心疾患のある方には禁忌もありますので、正しい使い方を心がけていきましょう。

Comments are closed.