カベルタはバイアグラのジェネリック品です

今、多くの行政機関もジェネリック医薬品を推進する時代になりました。
それだけこのジェネリック医薬品に対しても、信頼度が増して来たのでしょう。
そんなジェネリック医薬品の製造・販売で有名な国がインドです。
これはインドと言う国が、他国と特許制度の違いがあったことが理由になります。
一般的には、物質特許が主流なのですが、この物質特許を認めず、同一成分であっても製造方法が違えば、インド国内では特許権の侵害には当たらないと判断して来たのです。
そのこともあり、インドはジェネリック大国とまで言われるようになりました。
発展途上でもあり国民のことを考えて許された時代もありましたが、2005年からは特許法も改正され、インドも他の国々と同様な特許期間有する国になりました。
そんなインドで作られて来たジェネリック医薬品には、カベルタと言われるものがあります。
これは多くの人が知っている、あのバイアグラのジェネリック品ですが、競争相手も多いことで有名です。
と言うのもバイアグラは、発売以来今でも人気商品です。
その後レビトラとかシアリスなどの改良された医薬品が発売されて来ましたが、人気が衰えることなく、現在でも愛好者がたくさんいます。
ですからバイアグラの後発医薬品であるジェネリック品も、たくさんの種類が作られていて、販売されてもいるのでした。
このジェネリック医薬品の良さは、なんと言っても価格の安さにあります。
先発医薬品と言われるものと比べると相当な安価に設定されています。
バイアグラですと箱の大きさによって価格も違いますが、1錠当たり1,000円から1,200円程度と考えます。
しかしカベルタになると、1錠当たり240円から370円ほどで収まるのです。
3分の1、4分の1と言う価格が当たり前になっています。
この医薬品の効果は、基本的にバイアグラと同様の働きをします。
それは有効成分と言われるシルデナフィルが使われることで、血管を拡充し、血液量を増大させることで、勃起の維持を図る効果があるのです。
ですが製造方法が違うことから、効き目の時間や強さなどに若干の違いがあると言われます。
では服用方法はバイアグラと同様で良いのかと言うことになるのですが、この薬の効果を引き出すためには、絶対空腹時に服用することにあります。
お酒などで飲まれる方もおられるようですが、出来ればお水等で飲まれることが良いとされます。
それはお酒などのアルコール飲料の場合、血管拡張効果が一緒になることから血流が一気に進む可能性も大きく、酔いが回ってしまうことも考えられます。
せっかくのチャンスが、お酒でダメとなっては元も子もありません。
ではこのカベルタはどうやって手に入れればよいのでしょう。
残念なことに、一般の薬局とかドラッグストアでの販売はありません。
多くは海外の輸入代行者からの購入と言うことになります。
インターネットでは、たくさんの業者が存在していますが、その中でも安心が出来、製品に対し信頼の出来る業者から購入することが、望ましいのです。
長期に亘って販売を続けているところ、非正規品の販売がない業者選びが大事になって来ます。

Comments are closed.